読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然もの書きぱん

適当にアニメとかについて書いてます。今期は何について書きましょうか。

アニメ『ガーリッシュナンバー』11話感想――ずっと、烏丸千歳から目が離せなかった

アニメ 感想・考察

 こんにちは。

 今回は長文の感想というより、この作品との折り合いがつけられたという気付きみたいな短い文章です。

この作品が好きだったのか?

 僕は、この『ガーリッシュナンバー』という作品が好きなのか嫌いなのか、自分でもずっと分からずに見続けていた。千歳が少し成長してまともな演技ができるようになったり、百花や万葉や打ち解けていく様子は見ていて心地良かった。けれど、九頭のあまりもクズな振る舞いには腹がたったし、千歳の場当たり的な振る舞いはどうも好きになれなかった。この作品には、好きな部分と嫌いな部分が入り混じりすぎていた。
 それだけ好きと嫌いが入り混じっていたのに、僕はこの作品を苛立ちながらもずっと見続けていた。その感覚はこれまでの自分にはあまりなく、自分でも不思議でしょうがなかった。そしてその答えは、烏丸千歳にあったのだと思った。

烏丸千歳

 烏丸千歳は人として未熟すぎる。そしてかわいいだけの女の子が、厳しい声優界で生きていけると思えなかった。その考えに沿うように、千歳は少しずつ仕事からもファンからも見放されていった。おそらく全ての視聴者がこうなることに気づいていたし、それぐらい確定的な結果だったように思う。しかし、そんな烏丸千歳のクズな行動に共感している自分がどこかにいた。
 努力もせずに人から好かれ、それでいて一番でいたいと思う。すごく抽象的で漠然とした願いだが、心の片隅にそんな願いが自分にもあったのだと思った。そしてそれを追いかけ続けたのが、烏丸千歳なのだと思った。本当の自分を好きになってもらいたい。その願いだけで仕事をしてきたのだと思う。

烏丸千歳から目が離せなかった

 人間的に未熟な彼女は、業界からもファンからも見放されながらも、仕事仲間からは見放されず関心の中心にいた。彼女が意図せずに築き上げてきた関係が、悟浄を動かし彼女を不安という沼から開放したのだと思う。
 そしてそのシーンを見て、自分がなぜこのアニメを見続けてきたのかに気づくことができた。僕は、烏丸千歳がただただ心配だったのだ。作中のキャラクターが心配していたように、千歳が仕事を続けていけるのか不安だった。なるべくしてなった結果を受けて、彼女が立ち上がることができるのかだけが不安だった。そして、11話で彼女が立ち上がるその姿を見て安堵した。
 そして同時に、自分が烏丸千歳のファンになっていることに気がついた。彼女の傍若無人な振る舞いが好きだったのだと気づかされた。あの姿を再び見たいと思ってしまった。おそらく、再びあの姿を見た時にもうざいとは思うのだろう。でもそれ以上に、おかえりという気持ちが強いのだと思う。

f:id:palepalette:20161217194340j:plain

いつもどおりの姿を見たい。それが、この作品に求める唯一の願いかもしれない。

ガーリッシュ ナンバー:烏丸千歳(cv.千本木彩花)、久我山八重(cv.本渡 楓)、片倉 京(cv.石川由依)、苑生百花(cv.鈴木絵理)、柴崎万葉(cv.大西沙織)/Bloom

ガーリッシュ ナンバー:烏丸千歳(cv.千本木彩花)、久我山八重(cv.本渡 楓)、片倉 京(cv.石川由依)、苑生百花(cv.鈴木絵理)、柴崎万葉(cv.大西沙織)/Bloom

ガーリッシュ ナンバー 第1巻(イベント優先販売申込券付 初回限定版) [Blu-ray]

ガーリッシュ ナンバー 第1巻(イベント優先販売申込券付 初回限定版) [Blu-ray]

アニメ『アイカツ!4thシーズン』感想――ユウの涙は、僕らの涙

アニメ アニメ-アイカツ 感想・考察

 こんにちは。

 とうとうアニメ『アイカツ!』の全178話+劇場版2本を見終えました。最高に満足の行く作品でした。178話(24分×178÷60分=71.2時間)という果てしない長さでしたが、そんな長さを感じさせないほど濃い作品でした。

感想

 アイカツ4期はルミナス全国ツアー編とスターライトクイーンカップ編に分かれている。前半は地方アイドルとの交流を深めつつ、チームとしての成長を描いている。対して後半では個人としての実力に焦点を当てており、個人のステージへの向き合い方と成長が描かれている。この記事ではスターライトクイーンカップ編に焦点を当てる。

 あかりたちはスターライトクイーンカップを目標に努力をし続けてきた。ルミナスはソレイユに次ぐ人気となり、個人としても目覚ましい活躍を遂げている。ではどれくらい彼女たちは成長したのだろうか?スターライトクイーンカップは、それを測る場として設けられていた。

スターライトクイーンカップの前に

クイーンになれるのはただ一人

 スターライトクイーンカップでクイーンになれるのはたった一人。ドリーミーレイクで過ごしたオフでもあったとおり、それを三人とも理解している。それでもアイドルとしての目標を叶えるために、そして三人でアイドルとして上を目指すために挑戦しないわけにはいかない。それらを理解しながらも、エントリー直後の彼女たちはどこか遠くを見ており、勝負の始まりを実感しきれてはいないようだった。
f:id:palepalette:20160705214623j:plain

アイドルとデザイナー

 ステージに立つのはアイドルだけではなくアイドルを着飾るデザイナーもである。協力しあうことで新しいアイディアが浮かび、新しいステージを披露できる。つまりスターライトクイーンカップも同様に個人ではなくチームで立つステージである。あかりと翼はお互いを最大限に信頼しているからこそ、クイーンになるための最高のプレミアムドレスがつくれたのではないかと思う。
f:id:palepalette:20160705223158j:plain:w300f:id:palepalette:20160705223159j:plain:w300

スターライトクイーンカップでは

 8人の主要キャラクターのステージが披露され、あかりがSAランクのスペシャルアピールを決めてクイーンに輝いた。その中でも印象に残った部分について書いていく。

スミレのスペシャルアピール失敗と立ち振舞い

 スミレはひなきの次にステージに立ち、素晴らしいステージを披露した。しかしSAランクのスペシャルアピールに失敗し、7位という結果に終わってしまった。
 スミレがステージに失敗するということは誰もが全く想像しておらず、その事実を掴みきれずにいた。スミレは悔しさに涙しつつも、あかりに気づかれないように涙を拭っていた。そんな姿からは、あかりのステージを邪魔しないようにする心遣いを感じることができた。スミレに対してあかりは慰めの言葉などかけず、「やり切ってくる、私も」とだた一言。そして頑張ったねと言わんばかりに手に触れ、その場を立ち去っていく。スミレの頑張りを称える言葉は、全力でステージにあがった相手にいうべき言葉では無いと感じていたのではないかと思う。だからこそ言葉ではなく、手に触れることで気持ちを伝えていたのではないだろうか。
 一位を目指すためにステージに立つのではなく、最高の自分を見せた先に一位があることを知っていた二人だからこそ伝わるやり取りであった。
f:id:palepalette:20160705224720j:plain:w300f:id:palepalette:20160705224726j:plain:w300f:id:palepalette:20160705224732j:plain:w300f:id:palepalette:20160705224739j:plain:w300

あかりのステージ

 あかりは170話のように勢い良くステージに入場するのではなく、緊張感をもってステージに上がっていった。前述したとおりこの時点であかりはSAランクのスペシャルアピールに挑戦することを決めており、それによる緊張だったのではないかと思う。ひなきが1位にいるから挑戦するのではなく、最高のステージのために挑戦する。あかりは「どうしたらお客さんが楽しんでくれるステージになるのか」を真剣に考えており、それに対する行動であったように思う。
 そして見事にSAランクのスペシャルアピールを成功させる。あかりのステージが終わった瞬間、あまりにも最高のステージに奮い立ってしまった。あかりの成功はスミレのステージを見ていた人にとって嬉しいものとなっていた。

スミレとひなきのコメント

 スミレは「今できること全てをやり切った」と言っている。これは失敗する可能性のあるSAランクに挑戦し、最高のステージを目指した事を伝えている。失敗したことに悔しさはあるが後悔はしていない。それがよく伝わってきた。
 一方でひなきは「2位になったことはすごく悔しい」と言っている。結果としては、Aランクのアピールを出したひなきはあかりにもスミレにも及ばなかった。つまり2位になったことが悔しいのではなく、SAランクに挑戦できなかったことが悔しかったのではないかと思う。実力としては、あかりやスミレと同等のものを持っていると思う。SAランク挑戦への躊躇が、悔しさにつながっているのではないかと思う。

あかりといちごの向かう場所

 あかりは念願のスターライトクイーンになり、いちごに一歩ずつ近づいている。ルミナスとソレイユのコラボステージでは世間からの注目を集めていた。お天気お姉さんの大空あかり、ルミナスの大空あかり、そしてスターライトクイーンの大空あかりが認知された証拠でもあった。
 そしてラストではいちごとあかりがユニットを組み、スタジアムでステージに上がった状態で幕を閉じる。これまでは別々のアイカツでアイドルを登りつめていったふたりだが、同じ方向を向き助け合いながらアイカツをしていくことになる。劇場版でいちごが差し出した手を、あかりはユニットの仲間として取ることができた。


 最後までアイカツらしく描きたいものを描き切きった作品になっていた。これがアイカツだといえる終わりであった。

ユウの涙は、僕らの涙

 記事のタイトルにも入れたが、スターライトクイーンカップで最も印象に残っているのはユウの涙である。ユウは2期のあかりのルームメイトであり、あかりジェネレーションにおいて初期のあかりを知っている数少ない存在である。
 最初のあかりはまともなステージを披露することもできず、スターライト学園の中でもアイドルとしての実力は大したことはなかった。そんな彼女が少しずつ少しずつ成長していくところを、ルームメイトという形で一番近くで見ていたがユウである。いちごとは異なるアイドルになることを決意して髪を切ったこと。実力をつけるためにアイカツブートキャンプに参加したこと。スペシャルアピールを出すために実家に帰らず練習していたこと。つまりユウは、視聴者と同じようにずっとあかりの成長を見続けてきたのである。
 そんなユウにとってあかりのステージは、これまでの努力を思い出させつつも進化を見せつけた集大成だった。そんなステージを見て涙するユウの心境は、子供の成長を想う親に似た心境であったかもしれない。そしてその気持ちは、同じ気持ちでステージを見ていた僕たちと同じであっただろう。僕らの気持ちはユウを通して、その場所にあったと思うし、ユウと共にあかりを祝福していたと思う。あかりへのおめでとうの気持ちが、スターライトに届いたのではないだろうか。
f:id:palepalette:20161116234418j:plain

最後に

 『アイカツ!』は終わりを迎え、次のバトンが『アイカツスターズ!』に渡された。それでも、僕らはずっと『アイカツが!』が好きだと言い続けるんだと思う。それだけの作品に出会えたことに感謝しつつ、別の作品として『アイカツスターズ!』を楽しんでいきたいと思う。

 本当にありがとう!アイカツ!

www.palepalette-blog.com
www.palepalette-blog.com
www.palepalette-blog.com
www.palepalette-blog.com

TVアニメ/データカードダス「アイカツ!」4thシーズンOP/ED主題歌「START DASH SENSATION/lucky train!」

TVアニメ/データカードダス「アイカツ!」4thシーズンOP/ED主題歌「START DASH SENSATION/lucky train!」

  • アーティスト: AIKATSU☆STARS!,るか・もな・みき from AIKATSU☆STARS!,こだまさおり,只野菜摘,石濱翔(MONACA),Integral Clover(agehasprings)
  • 出版社/メーカー: ランティス
  • 発売日: 2015/10/28
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログ (3件) を見る
アイカツ! あかりGeneration Blu-ray BOX5

アイカツ! あかりGeneration Blu-ray BOX5

アイカツ! あかりGeneration Blu-ray BOX6

アイカツ! あかりGeneration Blu-ray BOX6

評論系同人誌への寄稿と学び――編集で世界が変わる。

感想・考察

 こんにちは。

 9月に『君の名は。』を見て、その衝撃を部分的にでも言葉に残しておきたいと思い、『アニメクリティークvol.5.5 「新海誠/君の名は。特集号」』に寄稿させていただきました。正直一筋縄ではいかない部分が多く、かなり苦労しながら文章を書きました。こういう機会ですので、アニクリさんの紹介と今回の寄稿で得た学びを残しておきたいと思います。

アニメクリティーク

 アニメクリティークとはNag.さんが編入を務めるアニメ評論系の同人誌である。今回は、各々が感じた『君の名は。』もしくは「新海誠」について書く特集号となっている。詳しい内容に関しては下のリンクを参照。
nag-nay.hatenablog.com
 寄稿している方々はもちろんだが、Nag.さんの編集がすごかった。今まで編集という仕事が、どういう役割でどういう仕事なのかを理解していなかった自分にとって衝撃的であった。ぜひぜひ手にとって、(僕の以外のを)楽しんでもらいたい。

f:id:palepalette:20161115210427p:plain:w300

寄稿によって得た学び

 続いて寄稿をきっかけに感じたことを書く。僕は今回初めて文章を寄稿したこともあり、普段考えないようなことを気にかけることも多かった。そのあたりについて記載していく。

締め切りはしんどい

 最初に言っておくと、僕は100点を取ろうとするよりも、合格点よりも少し上を取ろうとするタイプだ。だから、求められたものをそれなりの質で出すことには割と慣れている。その一方で、寄稿はできる限り100点を取ろうとする作業である。そのため、これまでのスタイルとは全く異なる姿勢で臨む必要があった。つまり自分で書きたいものを時間内に具体化し、より詳細に詰めていく必要があったのである。しかしそのスタイルは、最後まで体に馴染まなかった。
 結果、締め切りを少し遅らせてもうことになったし、そこまで質が高くない中途半端なものになってしまった。そして暫定版という形で送ることになってしまった。締め切りはモチベーション管理ができないと本当にしんどい。

編集者とは翻訳者

 先ほど編集がどういう仕事かわからないということを書いたが、編集とは「書き手と読み手の間に入る翻訳者」であると感じた。僕が書いた文章というのは、当然のことながら誤字脱字や曖昧な表記、納得できない記述が含まれている。もし仮にその文章を掲載した場合、読み手はモヤモヤするに違いない。そうなってしまっては、書き手も読み手も幸せにならない。そうならないように、書き手の表現を誤解を生まない表現に変換する。それが編集者の役割である。
 そしてもっとも編集者としての腕が光るのが、誤訳を生む文章の抽出であると感じている。もちろん誤字脱字がひどい文章は人の読む気力をなくしていく。だがそれ以上に、勘違いを生まないようにしなければ、文章のメッセージが伝わらなくなってしまう。それでは文章が存在する意味もないし、読む必要もなくなってしまう。勘違いを生む文章は、もう誰のためにもならない。
 では勘違いを生まないようにするには、一体どうすればよいのだろう。表現をより具体的にすれば解消できるのだろうか?実際はそうではないと思う。表現を具体的にすることで生まれる誤解もあるし、抽象的にすることで生まれる誤解もある。つまりどんな文章を書いても誤解は生まれる。だから、誤解されると困る部分だけを詳細に詰めていくのである。
 全てを説明する文章は、読み手に新しい解釈を生まないつまらないものになってしまう。だからこそ、重要な部分を抽出し誤訳しないように詳細に詰めていく。それが編集者の役割であり、書き手の文章を読み手に大まかに齟齬なく伝える翻訳者なのである。

編集による自分らしさの喪失

 編集することによって文章が確実に良くなっていく。ここでいう良くなっていくとは、誰が読んでもわかるようになっていくことである。しかしその一方で、文章から感じる自分らしさが失われていくのである。普段自分が書いている荒削りのものが、綺麗に整えられて返ってくる。それはもう自分だけの文章ではなく、書き手と編集者の共同作業で生まれた全く別の新しい文章なのである。
 文章における自分らしさを、うまく言葉にすることはできない。しかし自分だけの文章は、自分の中だけで完結しなければ生まれないのである。初めて文章を編集されて理解し、改めて自分の文章の型のようなものを見つけた気がした。もちろんそれが悪いということではない。けれどもし、次があるのであれば、自分らしさをもっと残したものが書きたいと思う。

寄稿はアウェイでの戦い

 僕は去年の冬にブログを始めて、今まで長文を寄稿したことは一度もない。長い文章を書くのはブログの中だけで、そのブログはTwitterやいつも読者として読みに来てくれる人たちが多い。つまり、いつもホームなのだ。しかし寄稿は違う。僕のことを全く知らない人が、僕の文章を読むこともある。そして何かしらの感想を持つだろう。好意的な感想なのか、否定的な感想なのかはわからない。
 それは自分の文章が普段とは違う、新しい場に出ていくことである。それはとてもワクワクすることだし、同時に怖いことでもある。自分が書いた文章が多くの人に読まれ、少しでも胸打つものになりますように。

最後に

 今回、寄稿のお願いを快く引き受けてくださったNag.さんには、とてもとても感謝しています。本当に僕の稚拙な文章を、素敵なものにしてくれてありがとうございました。もしも書けそうなものがありましたらご連絡します(_ _)
 そしてみなさんにも、ぜひぜひお手にとって読んでもらえればと思います。もっとできたと思う部分もありますが、これが今の僕の限界だと思います。他の人のものも含めて、『君の名は。』をもう一歩踏み込んで楽しんでもらえればと思います。それでは。

スマホ+Bluetoothキーボードで記事の効率を上げる

便利

 こんにちは。

 ブログを復帰してからというもの、記事を書くモチベーションが結構高まっております。

出先では「スマホ」で書くしかない

 僕は普段、デスクトップPCで記事を書いている。だから家で書くことが多く、ほとんどの記事は家で書いている。しかし、電車内などの移動時間でも考えをまとめたいことが多くスマホで記事を書くことが増えてきた。その他の空き時間を喫茶店で過ごすことも多いので、その時もスマホで記事を書いている。
 しかし僕の場合は、スマホで書くよりもPCで書く方が圧倒的に速いし正確。だから喫茶店など座れる場所では、できればキーボードで文字を打ちたい。しかしいつ空き時間ができるかわからないし、記事を書く一瞬の時間のためにノートPCを持ち歩くのはかなりしんどい。質量的に軽いとはいっても1kgはあるし、バッテリー管理をする必要もある。記事を書くためだけに持ち歩くのはかなりのストレスになる。つまり、僕が出先では記事を書く方法は、現状スマホに限られている。

キーボードがあれば記事が楽に書ける

 入力した文字はスマホで確認することができる。つまり、必要なのはノートPCではなく、キーボードということになる。というわけでBluetoothキーボードを買ってみた。

思っていた以上に快適

 正直な感想として、もっと早く買っておけばよかった。1500円でこの快適さが得られる買うべきだと素直に思う。以下に良かった点を列挙する。

  1. 持ち歩きが負担にならない軽さ
  2. サクサク動作する
  3. タイプ感が良い
  4. バッテリーを気にしなくて良い
持ち歩きが負担にならない軽さ

 少し大きめなカバンを持ち歩いている人なら、ほとんど気にならないレベル。

サクサク動作する

 ほぼリアルタイムに文字が表示されるので無線だからといって不快さはない。

タイプ感がいい

 これが一番意外だったが、それなりに打ちやすいキーの深さがある。折りたたみ式のものを買おうと思っていたが、そこまで気にならない厚さだったため、こちらのメリットを重視した。

バッテリーを気にしなくていい

 ノートPCの時に気にしていたバッテリーを意識しなくていいのは大きい。書きたいときに書けるという精神的な快適さは重要。

もちろん欠点もある

実際に使ってみてかなり快適に書けている。しかし良いことばかりではない。次にiPhoneで使用した際の欠点について書く。

  1. 入力側のキー配列が日本語配列ではなく英字配列
  2. 日本語と英語の切り替えがCtrl+Space
  3. 変換でTabを打つとタブ文字が挿入される
  4. ページ切り替え直後の入力側の反映されない

これらの欠点の対策についても述べる。

入力側のキー配列が日本語配列ではなく英字配列

 どういうことかを簡単に説明する。「* 」を打ちたい場合、日本語配列の場合は「Shift」と「L」の二つ右を押せば打てる。しかし、英字配列の場合は「Shift」と「8」を押す必要がある。要は打ちたい文字と実際に打つ文字が変わるのである。
 一番速い解決策は使うキーボードを変えることである。僕は普段から英字配列のキーボードを使っているため負担にはなっていないが、慣れていない人のストレスは半端ではないと思う。そのため僕が購入したバッファローのキーボードではなく、英字配列のキーボードを買うのが良いかもしれない。

iBUFFALO Bluetooth3.0対応 コンパクトキーボード 薄型モデル BSKBB24BK

iBUFFALO Bluetooth3.0対応 コンパクトキーボード 薄型モデル BSKBB24BK

日本語と英語の切り替えがCtrl+Space

 これに関しては、スマホ側から設定ができる。「Caps Lock」を押すことで切り替えができる。

変換でTabを打つとタブ文字が挿入される

 これに関しては慣れるしかない。この記事はスマホ+Bluetoothキーボードで書いているが、書いている最中もなんどもやってしまった。一番改良してほしいポイントかもしれない。

ページ切り替え直後の入力側の反映されない

 これも慣れるしかない。矢印キーを連打して、反応することを確認してから打つようにしている。

少しの工夫で快適さが変わる

 1500円のBluetoothキーボードを買っただけで、記事を書くのが楽になるし楽しくなる。参考にこの記事は大体スマホで30分bほどで書いています。この分量を頭で整理しながらスマホで書けます。家以外で記事を書きたい、という人に勝ってほしい商品なので是非ご検討を!

iBUFFALO Bluetooth3.0対応 コンパクトキーボード 薄型モデル BSKBB24BK

iBUFFALO Bluetooth3.0対応 コンパクトキーボード 薄型モデル BSKBB24BK