徒然もの書きぱん

適当にアニメとかについて書いてます。今期は何について書きましょうか。

アニメ「冴えない彼女の育てかた(冴えカノ)」にはまった人へ。

スポンサーリンク

こんにちは。
冴えカノで好きなキャラは霞ケ丘詩羽先輩の黒タイツです。

今回は冴えカノとライターの魅力を伝えられたらなーと思い筆をとりました。アニメ冴えカノにはまった人に読んでもらえたらとても嬉しいです。

今回この作品の魅力は語らないので、興味がある人は原作でもアニメでも覗いてみましょう。
f:id:palepalette:20150415025424j:plain
タイトル: 冴えない彼女の育てかた
作者: 丸戸史明
イラスト: 深崎暮人

通称: 冴えカノ

原作既読者としては、アニメはこれからというところで終わってしまい非常に残念。アニメでやった内容は原作としては4巻までの内容になります。尺的に5巻の話をやることが厳しいのはわかっていたのですが、それでもやはり悔しいなーというか、早く続きやってくれよ!!というのが感想です。

●アニメと原作の比較

ここで好評だったアニメと原作を各巻ごとに比較したいと思います。
           アニメ    原作  
<加藤恵>編(1巻)   ★★★★★ ★★★☆☆
<霞ケ丘詩羽>編(2巻) ★★★★☆ ★★★★☆
<澤村英梨々>編(3巻) ★★★★☆ ★★★★☆
<氷堂美智留>編(4巻) ★★★★★ ★★★★☆

<加藤恵>編(1巻)

冴えない彼女の育てかた

冴えない彼女の育てかた

 

 原作と比べてとても良い出来だったと思います。原作が淡々としているのに対し、主人公のだめだめさと恵の可愛さが全力光った回だと思います。恵の”メインヒロイン”としての魅力が伝わった渾身の話だったと思います。挿入歌もバッチリでしたね。



<霞ケ丘詩羽>編(2巻)

冴えない彼女の育てかた2

冴えない彼女の育てかた2

 

2巻+FDの内容でした。可もなく不可もないといった印象です。詩羽の弱さみたいなものがうまく伝わったのではないかと思います。ショッピングモールの恵が結局可愛いので詩羽先輩はいいとこもって枯れてる感じですね。ちなみに彼女の回だけ歌がないのはかわいそうではないでしょうか?ないでしょうか?


<澤村英梨々>編(3巻)

冴えない彼女の育てかた3

冴えない彼女の育てかた3

 

 原作のほうが過去の回想をポップに描いていない分、シリアスよりだったような気がします(うろ覚え)。その分挿入歌などの演出で盛り上げており特に不満はありませんでした。


<氷堂美智留>編(4巻)

冴えない彼女の育てかた4

冴えない彼女の育てかた4

 

 空色デイズを使うなどアニメらしい演出がとても良かった回です。原作にはあったicy tailのバンド紹介がなかったのは残念でした。



ここまで簡単に比較をして思ったのですが、良いアニメでしたね!原作に準拠しつつもキャラ紹介もしっかりと行い、見ている人を置いてけぼりにしない工夫が細部に見られました。特に1話は原作と内容はかなり異なるのですが、綺麗にまとめられており原作より良かったと思います。

●つまり何が言いたい?

で、このアニメを気に入っていただいた方に申し上げたいのですが、4巻までの内容はあくまでも”序章”で5巻からの内容が”本編”になります。点数をつけるなら全部★5。5巻→6巻→7巻→GSを読んだ後に必ず思います。新刊はいつ発売なのか!!それぐらいのクオリティをもった作品になりました。4巻まで「あーおもしれーな」ぐらいで読んでいたのが、5巻を読んでからは「あー本当におもしれwww丸戸天才www」となりました。というかなります!

是非アニメが気に入った方は原作も読んでください。必ず気に入ります。アニメを待つんだ!という人は5巻だけ読みましょう。それでアニメ2期までモチベーションを保ってください。
ここでひとつ皆さんにご忠告したいことが有ります。

絶対にWikipediaを読まないこと!!

きっついネタバレが書いてあります。絶対に読んではいけません。見ると必ず後悔します!!

以上がアニメ冴えカノにはまった人に言いたかったことになります。ぜひこの作品を手にとって貰えればと思います。

冴えない彼女の育てかた5
 
冴えない彼女の育てかた6
 
冴えない彼女の育てかた7
 

 

付録 ~丸戸史明とは~


正直これがやりたかったからこの記事を書いた感すらあります。
丸戸史明とは、エロゲーマーなら知らない人はいないであろう超有名シナリオライターです。

有名作としては、「パルフェ 〜ショコラ second brew〜」「この青空に約束を―」「世界でいちばんNGな恋」「WHITE ALBUM2」となります。アニメ化された作品もありますので聞いたことがあるかもしれません。

これらの作品の特徴として、キャラクターがしっかりと書き込まれているという点です。冴えカノはライトノベルであるため、文字数やストーリーに限りがあります。ノベルゲーではその上限がかなり上がるため、キャラクターに深みをもたせやすいと言えます。特に「この青空に約束を―」では、青春モノとしては1位2位を争う出来だと思います。コンシューマ版も発売されているので興味がある人はお手にとって貰えればと思います。

このライターの素晴らしさを、少しでも多くの人に知ってもらえればと思います。

この青空に約束を- てのひらのらくえん(通常版)

この青空に約束を- てのひらのらくえん(通常版)

 

 

関連記事

 

palepalette.hatenablog.com