読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然もの書きぱん

適当にアニメとかについて書いてます。今期は何について書きましょうか。

響け!ユーフォニアム 7話の感想と腑に落ちないポイント

スポンサーリンク

 こんにちは。

 僕の大好きな早見沙織さんが演じる小笠原晴香ちゃんが、この7話ではメインだったので感想記事を書きます。スクショも貼って紹介しますが画像に偏りがありますので、予めお許し下さい(_ _)

感想

葵は居残り練習をせずに帰宅

 葵に対して何か悩みを抱えている様子の晴香。
f:id:palepalette:20150521002508j:plain

 香織に相談。葵ちゃんがやめてしまうらしい…。久美子はショックを受けてる。
f:id:palepalette:20150521003005j:plain

葵が先生にやめると宣言

 現実を受け入れられなくて泣く晴香。部長としては間違っているんだろうけど、友達としては泣いてしまうよね。
f:id:palepalette:20150521004318j:plain

 滝先生も思わず下を向いてしまう。このとき何を考えていたんでしょうね?自分の方針のミス?退部者の存在によるモチベーションの低下?いまいち読めない。
f:id:palepalette:20150521005035j:plain

葵を追いかける晴香

 過去の話を出されて何も言い返せない晴香。真面目にやろうとしたメンバーを退部に追い込んだ自分たちが全国を今更目指すというのは退部していった部員たちに申し訳ないという罪悪感。
f:id:palepalette:20150521010130j:plainf:id:palepalette:20150521010135j:plain

自分に自信がない晴香

 後輩に絡んでヒステリックを起こす。自分のいいところを久美子に尋ね「優しいなんて他に褒めるところが無い人にいうセリフ」と吐く。気持ちはわかるが後輩に言っていいことではない。自分の価値なんて自分で見つけないと意味ない。自信につながらない。
f:id:palepalette:20150521010807j:plainf:id:palepalette:20150521010808j:plain

 自分よりリーダーシップのある、あすかが部長をやればよかったと叱責。
f:id:palepalette:20150521011744j:plain

あすかの返答は「だったら晴香も断ればよかったんだよ。」

 この返答は間違いなく正しい。ただの部活なのだから自分がやりたくないと思ったのなら断ればいい。あすかがやりたくないから断ったのか、やれないから断ったなのかはわからない。
f:id:palepalette:20150521012216j:plain

 はるかもその考えを聞いて悩んでいる。みんながやりたくないと思っているからやっただけの部長なのか。それとも自分がやりたいと思ったからやった部長なのか。このカットは考えていることが重い。団体行動は時として自分に求められていないことをやらざるを得ない。そこを断り続けるのも勇気だし、引き受けるのも勇気だと思う。
f:id:palepalette:20150521012414j:plain

次の日は学校をサボる晴香

 昨日のあすかに言われたことを考えているのでしょう。でもたぶんそれでも、あすかが部長になるのが良かったと思っているのだろう。
f:id:palepalette:20150521012724j:plain

晴香に代わって指揮をとるあすか

 言うべきことをはっきりと言えるあすかが部長になるべきというのもわかる。だがあすかと滝先生はどうも被る。部としてこれだと息苦しいだろうな。
f:id:palepalette:20150521013211j:plain

過去を引きずる3人と演奏家としてのあすか

 晴香、香織、葵の3人は同期がやめるのを防げなかったことを後悔している。だからこそ部活に残る晴香と香織。だからこそやめることを選んだ葵。どちらの選択も正しい。
 あすかだけは楽器をひくことが目的である。誰とではなく、自分がひくことが大事なのだ。立派な心がけだと思うが、理解されにくい気持ちでもあると思う。
f:id:palepalette:20150521013705j:plainf:id:palepalette:20150521013708j:plainf:id:palepalette:20150521013709j:plain

晴香を励ましに来た香織

 あすかは部を引き受ける勇気なかったのだと。頭がよく考えすぎてしまうから。でも晴香には勇気があった。今の部があるのは部長を引き受けてくれた晴香のおかげだと。
 これで少しは自信につながってくれるとうれしいな。
f:id:palepalette:20150521014611j:plainf:id:palepalette:20150521014613j:plain

復帰した晴香

 前よりは自信を持った表情になっている。吹っ切れたというよりは考えたのだろう。あすかのことを、香織が言った言葉で。
f:id:palepalette:20150521015213j:plain

 あすかは晴香を部をまとめる部長として信頼しており、晴香は一人の演奏者としてあすかを尊敬しているのだ。それがよく分かる表情だった。
f:id:palepalette:20150521015205j:plainf:id:palepalette:20150521015207j:plain

葵の言葉を聞いた晴香の気持ちは

 葵はあまり吹部が好きではなかった。だが晴香はどうなのだろう。きっと、きっと吹部が好きなのだろう。だからこそ部長を引き受けたのだろう。吹部が好きではなかったなら、きっと部長は引き受けなかった。引き受ける3年生が他にいなかったとしても、それでもやろうとは思わなかっただろう。部長を引き受けたということは、それはきっと吹部が好きだという気持ちの表れなのだろう。

この作品の腑に落ちないポイント

 久美子についていくつか腑に落ちないポイントがある。気になる。とても気になる。

久美子の吹奏楽への姿勢

 葵が退部するということで気持ちが落ち着かないのはわかるが、練習中でそれが気になるほど仲が良かったようには思えなかった。久しぶりにあった人間が前と変わっていたとしても、そのショックを受けるほどの描写が見られなかった。

久美子の演技

 もう少し声のメリハリがほしいところ。晴香に迫られているシーンでは少し緊張感が足りない。気持ちが入っていないのがキャラなのか、それとも合っていないだけなのか。それはまだわからない。
 もしかすると久美子の感情がどこか欠けているようにみえるのは過去のトラウマシーンのせいなのか。

まとめ

以上が感想と腑に落ちないポイントです。3年生が中心となった回でしたね。とても良かったように思います。ちなみにこのアニメに色恋は求めていないのでガン無視してます。なんかおまけ感化が否めない。あとやっぱり何かがこのアニメには足りない!その辺の足りないものがわかったらまた記事を書きます。ユーフォの記事は定期的に書く予定はないので、晴香がよく出てきたら書きます。

あと最後にこの画像を貼って終わります。
f:id:palepalette:20150521020714j:plain
ハンカチで涙をふいちゃう晴香ちゃんかわいいです!!

それではまた別の記事でお会いしましょう。

※面白かったらブクマとかSNSで拡散してもらえるとありがたいです!今後ともご贔屓に!