読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然もの書きぱん

適当にアニメとかについて書いてます。今期は何について書きましょうか。

シリアルの常識を変えた『ごろっと大豆のグラノーラ』が一番おいしい!

スポンサーリンク

はじめに

 こんにちは。

 僕は朝ごはんにシリアルを食べているのですが、革命的にうまいシリアルに出会いました。それが日清シスコから販売されている「ごろっと大豆のグラノーラ」です。いやー、これは革新的にうまい。それについて書いていきたいと思います。

ごろっとグラノーラとは?

 日進シスコから販売されており、現在3種類あります。

  • ごろっと大豆のグラノーラ

日清シスコ ごろっと大豆のグラノーラ 480g

日清シスコ ごろっと大豆のグラノーラ 480g

  • ごろっと果実のグラノーラ

日清シスコ ごろっと果実のグラノーラ 600g

日清シスコ ごろっと果実のグラノーラ 600g

  • ごろっと野菜のグラノーラ

日清シスコ ごろっと野菜のグラノーラ 冷製コーンスープ風味 480g

日清シスコ ごろっと野菜のグラノーラ 冷製コーンスープ風味 480g

 栄養素のバランスがとれてるとかそんなことはよくわかっていませんが、結構食べごたえがあります。ごろっとの名のとおりです。
f:id:palepalette:20150809032229j:plain

なぜごろっと大豆を推すのか

「シリアルなんて自社ブランドとかいろいろなところが出してる。」
「それにシリアルなんてどれも一緒でしょ。」

 そう思っていた僕にもありました。

「そうじゃないんだよ!うまいんだよこれ!!」

そこまで推す理由

食べごたえがある

 グラノーラといえば食べごたえですが、他のグラノーラはどうも食べごたえに欠ける部分がある。だから食べてすぐ経つとお腹が減るし、昼まで持たない。
 しかしこの商品は違う。腹持ちがよく、午前中を活動するだけの力を与えてくれる。

甘すぎない

 ほとんどのシリアルが甘すぎる。甘くない玄米ブランといった商品もあるが、あれはあれで味気なく食べにくいと思っていました。
 それに対してこの商品は程よい甘さがある。同じシリーズに果実のグラノーラがあるが、あれはメープルの匂いが少しきつし味も少し甘すぎる。それに対してごろっと大豆のグラノーラはちょうどいい。大人が食べるのにも、子供が食べるのにも適した絶妙な甘さがある。

悲しい現状

 何が悲しいって「ごろっと大豆のグラノーラ」があまりにも売っていない! 普段利用しているスーパーには果実と野菜のグラノーラは売っているが、大豆のグラノーラは近所のコンビニにしか売っていない。コンビニで買うにはちょっと高い。もしそのコンビニで売らなくなったら僕が購入する手段が失われてしまう。それは困る。

 だからみんなにも「ごろっと大豆のグラノーラ」を買って、ぜひ食べてみて欲しい。普段グラノーラを食べない人にこそ試して欲しい。
「あ、シリアルも悪くないかも。」
「思ったよりも甘くなくて食べやすい」
そういう感想が自然と出てくるのではないかと思う。

まとめ

 ごろっと大豆のグラノーラがうまいので買って食べてみて欲しい。野菜のグラノーラはまだ食べられていないので、近日中には食べて見る予定です。食べて大豆のグラノーラを超えるようだったら記事を書きます。
 本当に美味しい商品なので、敬遠せずに買ってみてほしいと思います。

 以上です。それではまた別の記事でお会いしましょう。

日清シスコ ごろっと大豆のグラノーラ 220g×8袋

日清シスコ ごろっと大豆のグラノーラ 220g×8袋

日清シスコ ごろっと果実のグラノーラ 280g×8袋

日清シスコ ごろっと果実のグラノーラ 280g×8袋