徒然もの書きぱん

適当にアニメとかについて書いてます。今期は何について書きましょうか。

島村卯月を振り返る② ~頑張りますは魔法の言葉~|アイドルマスターシンデレラガールズ 感想 考察

スポンサーリンク

はじめに

 こんにちは。

 この記事はアイドルマスターシンデレラガールズ22話「The best place to see the stars.」を見た感想・考察記事になります。21話で卯月の様子がおかしく、22話はそれ以上に大きな異変がありました。今回も卯月にフォーカスを当てて見ていきたいと思います。

前の記事の振り返り

 前回書いた記事がこちら。www.palepalette-blog.com
要約すると、
卯月は主体性のない子だが、目標さえ見つかればそれに向かって一心不乱に頑張ることができる。彼女に必要なのは、今後どうしていくかを考える勇気である。
という内容である。

卯月が抱いている感情

ふたりに置いて行かれる焦り

 今まで同じメンバーとして同じステージに立った凛が自分を置いて他のメンバーと同じステージに上がろうとする。凛にはトライアドプリムスという新しい居場所ができ、未央はソロいう形で前を向き進み始めた。卯月だけがニュージェネにこだわり続けている。もちろん他のふたりもニュージェネへのこだわりはある。彼女たち個人のレベルアップはニュージェネにも返ってくるし、それはきっと三人ともわかっている。
 しかし卯月にとって三人でいる今こそが最高であり、そう思っているのが自分だけなのではないかという焦りが彼女には色濃く残っている。だから、ふたりが帰ってきてくれるという期待よりも、置いて行かれる不安の方が強い
f:id:palepalette:20150913103103j:plain

凛への羨望

 凛のステージを見て感動する卯月。卯月たちが三人で経験したフェスのステージよりも大きなステージで立派に歌を披露している。同じタイミングで歩み始めた凛が、大きなステージでたくさんの観客をわかせている。そんな凛を憧れのような目で見る卯月。
f:id:palepalette:20150913104457j:plain

凛への不安と願い

 羨望の眼差しでステージを見つめると同時に、卯月にとって少し凛は遠い存在になってしまったのではないだろうか。自分以外のメンバーとのライブが楽しいのではないのか。自分と再び一緒に歌う日は来るのだろうか。そういう不安が彼女を追い詰めている。それと同時に、私と一緒にいて欲しいという願いを込めるかのように彼女は手を強く握りしめている。
f:id:palepalette:20150913104453j:plain:w300f:id:palepalette:20150913114309j:plain:w300

負けてられない頑張ろうという気持ち

 ライブ終了後、卯月は自分に喝を入れている。負けてられない!頑張ろう!と。しかし、彼女は気づいたのだ。「私は何を頑張ればいいのだろう?」と。いつもやることは誰かが示してくれた。それにしたがって努力してきた。自分の道を自分で決められないことに気づいたのだ。
f:id:palepalette:20150913114439j:plain:w300f:id:palepalette:20150913114443j:plain:w300

迷いと混乱

 凛はProject:Kroneへの参加継続する。それは卯月の不安をより強くするものであり、自分と一緒にいて欲しいという願いを打ち砕くものだった。でも一緒にいて欲しいと凛に伝えることは、凛にKroneへの参加をやめてほしいというものであり、凛のためにならない。それを自覚しているから、凛には「頑張る」という先の見えていない言葉を発するしかなかった。
f:id:palepalette:20150913115000j:plain:w300f:id:palepalette:20150913115249j:plain:w300

卯月の魅力とそれを見逃さないプロ

 前の記事でも述べたが、卯月の魅力は笑顔である。彼女の笑顔は人の不安を取り除く力があり、今回のライブでも凛を勇気づけていた。
 しかしそんな笑顔に陰りが見える。僕の目から見れば立派な笑顔だ。しかしカメラマンは卯月の本当の笑顔でないことに気づいている。卯月の笑顔は作りものではなく、心から笑った時にしか生まれない。それを教えてくれているように思う。
f:id:palepalette:20150913115751j:plain:w300f:id:palepalette:20150913115934j:plain:w300

卯月が目指すべきもの

 卯月が目指すべき像は高垣楓であると思う。自分がアイドルとなった原点を見つめ、今もなおアイドルで居続けている彼女こそがアイドルとしての目的を失った卯月が見つめるべき相手だと思う。自分はなぜアイドルをやりたいのか、誰とやりたいのか。そういったことを楓さんが辿った道筋が教えてくれるのではないかと思う。
 この考えはこちらのブコメを参考にさせていただきました。

卯月の笑顔。卯月を見る人の笑顔。ファンと共にという楓さんのあり方が卯月にとっては一番ヒントになりそう。

 それともう一人、プロデューサーが組ませた相手の小日向美穂である。本編ではまだ掘り下げられていないが、きっと彼女の仕事に対する思いが卯月に影響を与えてくれるのだと思う。

頑張りますは魔法の言葉

 自分を勇気づける時の頑張ります。相手を鼓舞するときの頑張って。ともに歩んでいく頑張ろうこの言葉は人に力を与える魔法の言葉だ。でもそれは明確な目標や方針があってこそ意味を成す。ライブを成功させるために頑張る。歌をうまくなるために頑張る。ダンスのステップができるようになるまで頑張る。
 卯月の頑張るは一体どこに向かおうとしているのだろうか? それを見つけることが彼女の出発点だ。
f:id:palepalette:20150913123346j:plain

まとめ

 22話のアイマスで感じたことを書き起こしてみました。卯月ちゃんには早く笑ってもらいたい…。未央と凛が生き生きとしている中、自分が足を引っ張っていると思い悩む彼女は見たくない。彼女の笑顔に救われている人がいっぱいいて、その自信を身につけたらきっと彼女はまた笑えるようになるのだと思います。

 以上です。それではまた別の記事でお会いしましょう。

?THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS ANIMATION PROJECT 2nd Season 01 Shine!!【初回限定盤CD+Blu-ray】?

?THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS ANIMATION PROJECT 2nd Season 01 Shine!!【初回限定盤CD+Blu-ray】?

THE IDOLM@STER CINDERELLA GILRS ANIMATION PROJECT 01 Star!!【通常盤】

THE IDOLM@STER CINDERELLA GILRS ANIMATION PROJECT 01 Star!!【通常盤】