徒然もの書きぱん

適当にアニメとかについて書いてます。今期は何について書きましょうか。

アイカツ同人誌紹介No.2『見守る話 前編』


作品概要

タイトル 見守る話 前編
著者 梅まこ
Twitter マコ 🌈 (@mako_oekakiU) | Twitter
頒布 芸カ18(2019-02-24)
サンプル なし
ページ数 20
通販 なし

本作紹介(ネタバレなし)

 本作は瀬名にひかれる大空あかりを支える天羽まどかという構図で話が進行していく。この作品でもっとも強調するべき点は、他作品とは異なる天羽まどかの立ち位置である。天羽まどかは、幼き頃から瀬名のことを認知しておりドレスにかける情熱も知っている。そこに瀬名に惹かれるという要素が追加される事が多いのだが、本作ではそのような描写はなく兄思いの妹のような立ち位置で天羽まどかが描かれている。
 兄のような瀬名翼、兄思いの天羽まどか、まどかの姉のような大空あかり。三者の関係性を見ることができる一冊になっている。

感想(ネタバレあり)

 まず第一に、瀬名のドレスづくりを応援するというまどかがすごく新鮮でした。上記でも述べましたが、まどかは一歩引いて瀬名とあかりを見る立ち位置で描かれることが多いので驚きました。ただそのようなまどかに違和感があるかというとそうではなく、まどかのまっすぐさがどのページにも反映されており、新しいまどかの一面を垣間見れて嬉しかったです。
 瀬名が初めて作ったプレミアムレアドレスの完成を誰よりも喜び、そこに並んで立つ大空あかりを応援している。そんなまどかには、瀬名を幸せにしてくれる大空あかりとして映っているようにも思えました。オデットスワンコーデができあがった瞬間のまどかがすごく可愛くて、あかりが着てくれることもすごく喜んでくれている。とても幸せな関係性だと思いました。

 まだ前編とのことですので、後編を非常に楽しみにしております。